フォシーガ関連記事

フォシーガにはどんな副作用があるの?

fukusayo

糖を排出することが出来る薬として人気のフォシーガですが、フォシーガは医薬品なので副作用が起こる可能性があります。

医薬品には副作用がつきものですが、正しく服用すれば副作用が起こる可能性を低くすることもできます。

今回は、フォシーガで発生する可能性のある副作用についてご紹介していきたいと思います。

フォシーガを最安値で購入する

フォシーガで起こりやすい副作用は?

フォシーガで起こる可能性のある副作用には具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?

さっそく添付文書で確認してみました。

添付文書に記載されている副作用は、実際に臨床試験や市販後に確認された副作用になるので、もしかすると起こる可能性があるというものです。

また、添付文書には「重大な副作用」と「その他の副作用」の2種類が記載されており、重大な副作用の方は症状が重い副作用、その他の副作用には比較的症状の軽い副作用が記載されています。

フォシーガの重大な副作用には、「低血糖、腎盂腎炎、脱水、ケトアシドーシス」等が記載されており、特にフォシーガは糖を排出する薬なので低血糖が一番上に記載されています。

また、その他の副作用には比較的頻度の高いものとして、「便秘、口渇、頻尿、尿量増加、性器感染、陰部そう痒症」等が書かれています。

そのほかにも頭痛やめまい、食欲減退や体重減少等の副作用も書かれています。

副作用が起こらないようにするには?

医薬品を服用する以上、副作用を全く出ないようにするということは限りなく不可能に近いかもしれません。

副作用の心配のないサプリメントでさえ副作用が出る人もいるくらいなので、ゼロにするということは難しいでしょう。

また、効果の高い薬ほど副作用が起こる頻度も高くなるので、高い効果を期待するのであれば仕方のないことかもしれません。

ただし、フォシーガを飲んで副作用が出る人がそれほど多いかというとそういうわけではなく、重大な副作用が発生することはあまりありません。

抗がん剤等は別ですが、そんな危ない薬が承認されることもないでしょう。

だからといって、副作用はいつ起こるか分からないので異常が見られた場合は服用するのを中止して医療機関を受診するようにしましょう。

正しく飲むことが重要

副作用が起こらないようにするために最も重要なことは、何といっても定められた用法と用量を守って正しい方法で薬を飲むことです。

効果が出ないからといって、決められた用量以上に服用すると当然副作用が発生する確率も高くなるので気を付けてください。

正しく服用すればフォシーガ本来の効果を最大限に発揮することが出来ますよ。

フォシーガを最安値で購入する