フォシーガ関連記事

フォシーガ以外のSGLT2阻害薬は?そもそもSGLT2って何?

slglt2

ナトリウム・グルコース共役輸送体2(SGLT2)阻害薬は新しい作用を持った糖尿病治療薬として開発されました。

SGLT2は近位尿細管のS1セグメントに主に存在しており、子宮体でろ過されたグルコースの大部分がSGLT2を介して再吸収されます。

SGLT2阻害薬であるフォシーガは、このSGLT2の働きを阻害することで尿中への糖の排出を促進し、血糖降下作用を示します。

そして、腎臓から糖を排泄することで、インスリン抵抗性が改善し、さらには肥満を改善してくれるのです。

特に、内臓脂肪を減らしてくれることが分かっており、それに伴い体重も減少します。

また、SGLT2阻害薬には腎保護作用があることも大規模な研究で分かってきています。

フォシーガを最安値で購入する

日本販売されているSGLT2阻害薬は6種類

SGLT2阻害薬は2014年に初めて日本で発売された経口血糖降下薬で、現在ではダパグリフロジン(フォシーガ)以外に、イプラグリフロジン、ルセオグリフロジン、トホグリフロジン、カナグリフロジン、エンパグリフロジンが販売されています。

いずれも効果はフォシーガと同じで、腎臓から糖を尿から排泄させ血糖を効果させます。

また、全て処方箋医薬品になるので、国内の通販で購入することはできません。

フォシーガを最安値で購入する

SGLT2阻害薬の副作用は?

どんな薬でも副作用があるように、SGLT2阻害薬でも副作用が起こる可能性があります。

SGLT2阻害薬は血糖値を下げる効果があるので、例えば、重篤な副作用だと低血糖、脱水、ケトアシドーシスが発生する可能性があります。

また、軽度な副作用として、性器感染、尿路感染、便秘、口喝、頻尿、尿量増加、陰部そう痒症等がみられることがあります。

風邪薬でも同じですが、服用する場合は副作用に注意して使用する必要があります。

もし、何か異変を感じたら医療機関を受診するようにしましょう。

フォシーガを最安値で購入する