フォシーガ関連記事

フォシーガで痩せるって本当?

yaseru

フォシーガは1型糖尿病及び2型糖尿病を治療する医薬品であり、本来は糖尿病治療薬として開発されました。

つまり、糖尿病の人のために開発された医薬品なのですが、最近ではダイエット目的として使用している人も増えてきています。

しかし、本当にフォシーガで痩せることが出来るのでしょうか?

フォシーガの最安値はこちら

フォシーガの作用は?

フォシーガは「選択的SGLT2阻害剤」という薬効分類の薬で、「ダパグリフロジン」という有効成分が配合されています。

SGLT2阻害剤というのは「ナトリウム・グルコース共役輸送体sodium glucose cotransporter」という主に腎臓に存在しているタンパク質の一種のことで、尿中の糖を再吸収し、体内に糖を取り込ム働きをしています。

そして、フォシーガはこのSGLT2を阻害することで、糖の再吸収を阻害して尿から糖を排出させ、血糖値を下げたり糖尿病をコントロールすることが出来るのです。

フォシーガの最安値はこちら

フォシーガで痩せるのは本当?

それでは、フォシーガで痩せるというのは本当なのでしょうか?

フォシーガの作用はご紹介した通り、尿から糖を排泄することです。

糖尿病の人はインスリンの機能が上手く働いていないため糖が血中に増えてしまい血糖値が高くなるため糖を対外に出す必要があります。

しかし、糖尿病でない人が尿から糖を出すとどうなるのでしょうか?

フォシーガで太る原因となる糖を排除

太る原因として考えられるのはカロリーだと考えられていましたが、最近では糖質の摂取が太る原因であることが分かっています。

実際に、糖質制限をしただけで運動もしていないのに体重が10kgも落ちたという人もいるくらいです。

それもそのはずで、糖質を摂取することで脂肪がに変換されて蓄積されてしまうのです。
つまり、フォシーガを服用することで食べ物等から摂取した余分な糖を出してダイエットをするというのがフォシーガで痩せるという理由の1つなのです。

フォシーガの最安値はこちら

フォシーガで痩せすぎに注意

実は、フォシーガで痩せることは添付文書にも記載されています。

フォシーガの副作用が記載されている項目を確認すると、「体重減少」という副作用が記載されています。

添付文書に記載される副作用は、実際に試験等で認められた副作用が記載されています。

但し、体重が落ちすぎることもあるため注意が必要です。

添付文書の注意事項には以下のように記載されています。

「本剤投与による体重減少が報告されているため、過度の体重減少に注意すること。」

過度に体重が落ちてきたと思ったら注意する必要があります。

最後に

フォシーガに痩せる効果があることは分かりました。

フォシーガを服用している人は、もしかすると気づかないうちにどんどん体重が落ちていっているかもしれません。

糖が体外に出ていくために痩せるのは仕方ありませんが、極度に体重が落ちてきた場合は気を付けたほうが良いかもしれません。

フォシーガの最安値はこちら